finbee

Story

サービスストーリー

since2016

finbeeが誕生した背景や、
開発秘話をご紹介します。

finbeeロゴ

story 01

finbeeの始まり飲み友達からの連絡

2015年末、代表田村はインドネシアのローカル銀行での任務を終え日本へ帰国しました。そこへ、飲み友達であったインフキュリオン(※)メンバーから「一緒に事業を立上げてFintech業界に一石投じましょう!」との連絡があり、約10年来「金融×IT」で新しいサービスを創りたいという想いを抱えていた代表田村は事業立ち上げを決意しました。
※インフキュリオン:現ネストエッグ社の親会社。以降ICと記載。

代表田村のfacebook投稿

代表田村のfacebook投稿より、当時の決意表明

story 02

コンセプトの決定貯金にフォーカス

紀尾井町IC社オフィス内の一角を間借りする形で検討をスタートしました。「金融サービスって難しそうで気軽には使えない」「もっと上手く使いこなしてもらえれば生活がもっと豊かになるんじゃない?」そんな話から、ユーザーさんにとっては身近な”貯金”という金融行動にフォーカスし、「気がついたら金融に触れている」「欲しいものが手に入る」そんな世界を目指してサービス作りを始めました。

最初の執務室

最初の執務室。紀尾井町ビルの一室

story 03

サービス作りに苦戦貯金の先にある
”小さな願い”

貯金の目的は、なにも「家」「車」など高額な物でなくても良い。ユーザーさんの「やりたい」「ほしい」という”小さな願い”をどのように受け止め、それをアプリ内でどのように表現すればいいか、頭を悩ませる日々。エキスパートたちの力も借りながらなんとかデザインラフが出来上がりました。

手書きのデザインラフ

手書きのデザインラフ

story 04

サービス名とロゴfinbeeに決定

度重なる議論の結果、サービス名を「finbee」に決定。「finbee=finance(金融、お金)+bee(みつばち)」という造語で、みつばちが花から花へ蜜を集めながら飛ぶ姿をイメージしたサービスロゴは全員一致で決定しました。

finbeeロゴ案 finbeeロゴ案

finbeeロゴ案

story 05

サービスローンチ大きな期待と少しの焦り

2016年12月26日、住信SBIネット銀行様との連携にて無事サービスローンチ。Apple StoreやGoogle Playの各アプリストアでは、ランキング上位を獲得し、ユーザーさんの期待値の高さを感じると同時に、広く使っていただけるよう金融機関との連携を急がねばと少し焦りも感じました。

アプリストアランキング アプリストアランキング

ローンチ後、各アプリストアにてランキング上位獲得

story 06

User Meetup Vol.1開催ユーザーさんの生の声を
プロダクトへ

finbeeユーザーさんをオフィスにお招きし、生の声をヒアリングしました。新たな気づきを多くいただくと共に、プロダクトへいち早く反映していくぞ!と決意した日でもありました。

fnbee User MeetUp Vol.1の様子

finbee User MeetUp Vol.1の様子

story 07

人形町にオフィス移転よりユーザーさんの
ご要望に応えられる環境へ

2018年9月に人形町にオフィスを移転。提携先銀行へ歩いて行けるこの場所で、finbeeは新たなスタートを切りました。また、東京の下町でありながら新しいお店もたくさんあるので社員のランチ事情がとても充実しました。

什器搬入前の人形町オフィス

什器搬入前の人形町オフィス

story 08

サービスの伸び悩み悶々とする日々

ローンチ後は様々なメディアに取り上げていただき勢いのあったfinbeeですが、伸び悩むユーザー数⋯⋯。メンバーで話し合いをする悶々とする日々が続きました。

チームメンバーでの話し合い風景

チームメンバーで話し合いを続ける日々

story 09

ブランドムービー配信finbeeの認知度向上へ

認知度を上げていくため、ブランドムービー配信開始。ラッパーのDOTAMAさんに作曲して頂きました。撮影の一部をオフィスにて行い、社内が機材でいっぱいに⋯⋯。おかげさまで、2020年2月時点で250万回再生を突破いたしました。

オフィス内での撮影中の一コマ

オフィス内での撮影中の一コマ

story 10

貯金額50億円突破思いを新たに歩み出す

2019年7月に、累計貯金額50億円を突破。ユーザー数も順調に伸長。取扱高の増加と共に、1つ1つの貯金目的にこめられたユーザーそれぞれの想いや願いをかなえるお手伝いをますますせねば、と思いを新たにいたしました。(2019年12月末時点で約80億円に到達)

社員集合写真

貯金額50億円突破の記念に集合写真

story 11

これからのfinbee4周年へ向けて

サービス開始から3年が経ち、ターゲットペルソナの再確認とプロダクトのMVV(ミッション・ビジョン・バリュー)を策定。「生活の貯金化」でスタートしたfinbeeが次なるステージに向かうための認識合わせを行いました。

ミッションMission

「やりたい・ほしいをかなえる」

finbeeで目標をたて、それを管理し、必要なお金を貯める。
やりたかったことをやったり、ほしかったものを手に入れる。そのためにfinbeeはある。

サービスミッションイメージ

サービスビジョンイメージ

ビジョンVision

「すべてのひとにバンソウを」

「バンソウ」は「伴走」であり「伴奏」。
finbeeは、全てのユーザーに対し、目標達成のサポートのために伴走するだけでなく、
人生という主旋律に楽しい・面白いといった彩りを与えるために伴奏するものでありたい。

サービスビジョンイメージ

バリューValue

「全く新しい貯金体験の提供」

「楽しく楽に」「継続して」「いつのまにか」「お得に」貯まる体験
「みんなで」「一緒に」貯める体験
ユーザーの期待値を圧倒的に超える価値の提供

サービスバリューイメージ

「小さな想い・願いがかなう場所に」

お金を貯めることの背景にあるユーザーの想い・声をカタチにする
「お金を貯める」から「目的がかなえられる」場へ

サービスバリューイメージ

「圧倒的な分かりやすさ」

誰もが迷うことなく、使うことができるUI・UXの提供

サービスバリューイメージ

今後ともfinbeeをよろしくお願い
いたします。

ダウンロードは
こちらから!
イラスト

App StoreGoogle Play Store